技術者の技術力判断

技術者とは

技術者とは、基礎となる科学・技術的学問や知識を具体的なモノづくりやそのプロセス、システムの開発に応用する専門家のことです。 工学分野や理学分野の知識を基礎とし有用な物や工程・システムを設計・開発する人は特にエンジニアとも呼ばれます。 自然科学分野で基礎研究や新しい技術の開発をする人は、リサーチャーと呼び分けることもある。 20世紀後半より、製造物(モノ)のなかには具体的な形を持つハードウェアだけでなく、それを使うためのソフトウェアが含まれるようになりました。 また技術者が製作したモノを正しく動作させるための運用・保守に関わる職種も技術者に含まれる場合があります。 ぎし(技師・技士)とも呼ぶことがありますが、これらは役職名・資格名を指す場合が多くあります。 技師という表記は臨床検査技師、診療放射線技師といった医療関係や食品分野の技術者に、技士は施工管理技士など、技術者資格の名称によく使用されている。
※工学分野とは、機械工学・電子工学・情報工学分野などとなります。
※理学分野とは、数学・物理学分野などどとなります。
※外国ではEngineer(エンジニア)の称号は、工学学位が必要等明確な制限がある場合が多くあります。

技術者の職階について・・・
企業の一部では日本国内外を問わず技術者の職階を有することが多くあります。 旧内務省では、技師・主任技師、現在では技官という職階が存在していました。 一例として、所長(または工場長)・技師長(所長級技術者)・副所長(または副工場長)・主幹技師(部長級技術者)・主任技師(課長級技術者)・技師(係長級技術者)技師補 などがあります。 組織に所属する技術者は、職場においては横断的に仕事をこなすため、明確な職名が存在しないことが多くあります。
※職階は企業によって変わります。
[注] ウィキペディア日本語版を一部参照しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%80%E8%A1%93%E8%80%85

技術者の分類

技術者は製造業一般、サービス産業など製品やシステムなど、また農林水産分野など、モノやことを生み出され生産が伴うすべての産業に存在しています。 電気工学分野に電気技術者、機械工学分野に機械技術者、その他Category:自動車技術者、Category:銃器設計者、Category:情報技術者、Category:鉄道技術者、Category:土木技術者、工業化学分野に等と、工学分類される分野ごとに技術者は存在するため工学分野の数だけ分野ごとの技術者が存在し、テクノロジー産業ごとに技術者が存在しています。 またそれぞれの分野ごとに調査計画から分析、設計から製作や施工という一連の工程においてそれぞれ技術者が存在するほか、製品の品質管理、維持管理、製造のための設備保守、メンテナンス、ものの修理修繕および修復、施設の運営のためといった業務などに従事する技術者も数多くいます。 技術者の一例としてパンや菓子を製造する製パン・製菓技術者、被服分野の縫製技術者、ボウリングのドリラー、照明技術者、環境分析技術者、環境保全技術者、搭乗運用技術者、農業技術者、森林・林業技術者、食品製造に従事する食品技術者、洋服など仕立ての技術者、和装式服のしみ抜き技術者、細菌検査技術者、レントゲン技術者、検品技術者、ビル管理技術者(建築物環境衛生管理技術者、ビル管理士、ビル管理者試験)などといった様に多様にいます。 近年では、「接客技術者」なる言葉もある。 さらにはメカニック、そして汎用機オペレータ、CADオペレータなどの「オペレーター」やコンピュータ技術者としてシステム監査技術者、首都圏コンピュータ技術者、ソフトウェア開発者もソフトウェア技術者という技術者であるほか、コンピューター分野のプログラマー、デザイナーも、他に、ピアノ調律師、Category:楽器製作者、PAミキサー、MAミキサーなど、さらに医療分野の義肢装具士、歯科技工士なども技術者と認識されています。その他公務員として奉職する各種の技術者、例えば技術陸曹など特殊な任務を負う技術者も存在するほか、宇宙飛行関係者や宇宙飛行士、消防士、警察官(例えば交通管理分野の技術者)などでも、技術者の場合があります。

資格の名称・・・
日本の建設に関する資格一覧、日本の免状一覧、日本の情報に関する資格一覧、日本の工業に関する資格一覧、日本の環境に関する資格一覧、日本の通信に関する資格一覧 など、技術者資格の名称として、名前の末尾に技術者と付けるものも多く存在します。 システム監査技術者試験、ソフトウェア開発技術者試験、バイオ技術者認定試験、情報処理技術者試験、応用情報技術者試験、基本情報技術者試験、高度情報処理技術者試験、シスコ技術者認定、などです。他に末尾に「エンジニア」を付けた名称の資格試験も技術者資格でありこれも多く存在します。 音響技術者の音響技術者能力検定、下水道管理技師の下水道管理技術認定試験、その他給水装置工事主任技術者、ガス主任技術者、電気主任技術者、(電気工作物全般を扱う技術者)、電気通信主任技術者、(電気通信ネットワーク全般を扱う技術者)ダム管理主任技術者、ダム水路主任技術者、ネオン工事技術者、ボイラー・タービン主任技術者などの他、業務遂行するべく定められる主任技術者、管理技術者、監理技術者、電気管理技術者、給水装置工事主任技術者、薬事の責任技術者、搭乗科学技術者、有線テレビジョン放送技術者、原子炉主任技術者、自家用発電設備専門技術者、浄化槽清掃技術者、防火安全技術者などがあります。 また統括管理者、無線従事者、清掃作業監督者、貯水槽清掃作業監督者、電気通信設備工事担任者、核燃料取扱主任者、放射線取扱主任者、空調給排水管理監督者、防火管理者、公害防止管理者、エネルギー管理士、冷凍機械責任者など、こうした責任者、主任者、監督者としているものも、技術者が資格取得し従事することが多くあります。 さらに自動車整備士、航空整備士、航空機関士、総合無線通信士、測量士、電気工事士、施工管理技士(土木施工管理技士、造園施工管理技士、建設機械施工技士、建築施工管理技士、電気工事施工管理技士、管工事施工管理技士)ダム管理技士、ボイラー技士、環境計量士、検査分析士、認定眼鏡士、消防設備士、建築設備士、など士のつくものに関しても、技術者の資格であり技術者が取得しています。 建築士、ビオトープ管理士も、技術者の資格として認識されている。また、ビル設備管理技能士、基幹技能者、防火管理技能者、など技能士、技能者となっているものについても、技術者の資格と認識されています。 建設コンサルタント、地質コンサルタント、環境コンサルタントなど、技術コンサルタント業に従事するに当たり必要な場合がある技術者資格の代表である技術士など、技術者資格は取得に技術者としての実務経験を有してことが条件となる場合があります。

外国に於ける技術者の称号・・・
大陸ヨーロッパやラテンアメリカの幾つかの国やトルコなどでは、工学技術者の称号は工学部の学位を持っている者に限り許されています。 例え職歴が十分であっても、それ以外の者が使用する事は違法となります。 イタリアでは、工学部の学位を持っている者以外では、プロフェッショナルとしての能力試験(Esame di Stato)を課し、これを通過した者がその称号を許されます。 ポルトガルでは、プロフェッショナルな技術者の称号と、認定されるその工学学位は、Ordem dos Engenheirosによって認定されています。 チェコ共和国においては、技術者の称号(lng.)は、化学、工学、さらには歴史的事情により経済学で学士か修士を修めたものに与えられます。 アメリカ合衆国の全ての州、カナダ、そして南アフリカでは、幾つかの技術者の称号の使用を、法によって規制しています。 特に"Professional Engineer"、さらに工学分野から派生した工学、例えば土木工学や機械工学専門技術者に対する称号等を規制している。アメリカ合衆国の州でほぼ全てにおいて、無許可の者が「技術者」を称する事等を禁じています。 IEEEの公式な見解は、工学学位を持ち、十分な技術者としての経験を持った者等が技術者である、としています。 日本では技術者というのは呼称であり、その名称を定義し、その名称を名乗るための法的規制などは存在していません。 称することを禁じているのは技術士の名称です。
[注] ウィキペディア日本語版を一部参照しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%80%E8%A1%93%E8%80%85

技術者と技能者、科学者の違い

技術者と技能者・・・
技術者に類似した概念に技能者があります。 技能者とは、機械の組み立てや精密加工などの、ものづくりの実作業を担当する者を指します。 専門知識を応用して成果を出すことは求められない反面、極めて高度な技能が要求されることから、伝統的な職人の概念に近いと思われます。 技能者の国家資格に技能士があります。 ただし技術者は試作といった作業の必要性から、実質的に技能者であることを求められることもあり、優れた技術者は同時に優れた技能者であることが多くあります。 情報技術の分野では、プログラマー、狭義ではコーダー、は技能者とされ、分析・設計を担当するシステムエンジニア・プロダクトマネージャーなどの職種が技術者であるとされています。 一方で、データベース・ネットワークにおける管理・運営業務を負う技術者は、大抵の場合それぞれのシステムの設計・開発を兼ねていますが、作業自体はプログラマー的な場合も多くあります。 結果、プログラミングはできないが優れたシステムエンジニアという者や、システムが組めないプログラマーという者は原理的に存在し得なくコンピューター産業において技術者・技能者の差異が明確ではありません。

技術者と科学者・・・
ヨーロッパでは研究者の方が工学技術者より格上であるという風潮があります。 これはもともと貴族が趣味として自然科学を探求し、先導してきた歴史背景があるためと言われ、実際、応用技術より基礎研究に対する関心を強くもっています。 この背景が存在しないアメリカ合衆国でも、社会に大きな影響力を持ち指導者的な役割を果たす研究者がかなり存在します。 近年では学者・研究者であると同時に技術的・実働的な作業も兼ねる現場派 の学者・研究者も増加してきています。 技術者は理論的・実験的アプローチにより事前に設定された目標を達成する製品の設計・製作などを目指し科学者は実験などから得た事象を系統的に整理し理論体系の構築を目指しています。
技術者は、産業界(主に企業)において実用的な技術を担う職務を担う一方で、研究者と言った場合、実用性以前に実現性の有無すら未知の領域を探求する職務であり、技術者とは棲み分けがなされています。
技術者は主に産業界に属しているが、研究者といった場合は必ずしも属する組織が限定されいません。 これは産業界で必要とされる研究と学術界で価値のある研究にも差異があるためです。
さらに企業における新製品の研究開発と言う場合は、研究者というより高度な技術者が必要とされる傾向が強いです。 学者と言った場合、企業ではなく大学などの学術・教育機関に属している研究者を指すことが多く、これは教育サービスを提供するがどうかも学者・研究者を区別する一つの基準であることを意味する。公的な学術機関の場合は、学者ではなく研究者と呼称されます。
私企業の場合、基礎研究に近い事業に関わっている場合のみ、研究者と呼称されます。
[注] ウィキペディア日本語版を一部参照しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%80%E8%A1%93%E8%80%85

技術力の判断指標

富士誇では技術者の技術力を次の指標で判断しています。
1)専門的な基礎知識の習得
基本的な専門知識の習得には、専門家からの教育・指導・訓練が必要となります。富士誇はこの点について、最終学歴での履修分野、専攻科目、作成論文、また職業訓練校での履修内容、さらには取得した資格より、どの程度の基本的専門知識を有しているかを判断しています。 富士誇では第三者の評価や認定を重視しています。 特定分野において経験が豊富であっても基礎知識の習得課程があいまいな場合は、基礎知識が無いと判断しエキスパートとしての推薦は行わず経験者として求人者へ推薦しています。
2)経験する分野ごとの能力検査
能力検査は主に4つの分野に大別しており、機械工学、電気・電子工学、情報工学、化学となります。さらにこの4つの分野は業界ごとに細分化され、それぞれに能力検査に種類があります。この能力検査は専門的な基礎知識とモノづくりへの応用に関する検査となります。内容はその分野の専門資格や試験と類似しています。また4つの分野で頻繁に使用されるツールの使用方法や習得度合についての検査を行う場合もあります。製図ソフトやプログラミングの基礎知識・応用能力、また電気・電子的変化や化学的変化を捉える機器の使用方法など、その分野における必要ツールの使用能力の検査をします。
3)生産・製造工程における管理能力検査
生産・製造工程には、企画、仕様決定、試作、生産技術、生産管理、品質管理、運用・検査など様々な工程における効率的な管理能力を検査します。これらもハードウェアおよびソフトウェアごとに管理能力(マネジメント能力)を的確に判断できる一定指標(資格など)を参考に検査項目を決定します。また管理能力とは、人材のマネジメント能力だけではなく各工程を効率的に管理するための能力を指しています。
4)技術者としての適合性確認
技術者としての基本的な適合性は、技術力のみならずその人間性が技術者として適合するかどうかを確認しています。これは産業・分野さらには個別求人者ことに性格を異にするため一概に適合不適合の判断は出来ないため、一般的な素養の確認を行います。 最終的に求人者への適合可否はその結果をもとに求人者が判断しています。

富士誇の技術者の技術力の評価指標は、基本的に第三者期間が定め認知されている指標を活用します。誰もが公平に評価される指標の構築には最善と判断しているためです。従って富士誇では主観に基づく技術力評価は存在しません。このため技術力の過度または過小な評価が避けられ公正な選考プロセスの一端を担うことが出来ます。

ページの先頭に戻る

Copyright (C) FUJICO CO., LTD. All Rights Reserved.