「シゴトプラン」に登録する

シゴトプランは株式会社富士誇が運営する転職サイトです。エンジニアの転職/求人情報を多数掲載、更に求職者のニーズに応えた便利な機能を多数ご用意しております。

「シゴトプラン」を利用するとこんなサービスが受けられます!

求人を選んでもらえる!
質問や相談ができる!
入社祝い金がもらえる!
ポイントがたまる!
コンビニで履歴書印刷!
etc....

他にもお得なサービスがいっぱい!

転職支援サービス

技術者に特化した転職支援

富士誇は次のような技術分野の求人を取り扱っています。

製造業の主な求人分野(manufacturing industry)

※製造業について・・・原材料等を加工し製品を生産・提供する産業。鉱業・建設業とともに第二次産業を構成する大きな分野です。家電、自動車といった工業製品、食料、衣料、住宅等幅広い製品を作る産業も製造業に含まれる。

【特徴】
製品を生産するためには原材料や機械設備などを必要とするため、ある製品の生産が増加した場合、製品に関連する他の産業の生産活動にも影響を与えます(波及効果)。この傾向は、自動車のように大量の部品、大規模な工場を必要とする製品において顕著となります。さらにこれらの産業による設備投資は乗数効果を通じて総需要を増大させます。国内総生産に占める割合は第三次産業の方が高いにもかかわらず、製造業の動きが景気に影響を与えるのは、波及効果が大きいためです。

【主な分野】
1.自動車・輸送用機器に関連する企業
2.電気機器に関連する企業
3.精密機器に関連する企業
4.機械および機械製品に関連する企業
5.鉄鋼に関連する企業
6.非鉄金属に関連する企業
7.金属製品に関連する企業
8.食料品に関連する企業
9.繊維製品に関連する企業
10.パルプ・紙に関連する企業
11.石油・石炭製品に関連する企業
12.ゴム製品に関連する企業
13.ガラス・土石製品に関連する企業
14.その他製品に関連する企業

【同分野の都道府県別求人数】
都道府県別では、愛知県、神奈川県、静岡県、大阪府、兵庫県、埼玉県、千葉県の順に多く、また産業別では、輸送用機械、一般機械、化学、食料品、電子部品・デバイスの順に多く上位5産業で全体の5割強を占めています。

IT技術関連の主な求人分野(Information Technology)

※IT分野の定義・・・情報処理(コンピュータ処理)および情報伝達(通信処理)の、工学およびその社会的な応用技術の総称としています。 ITAAの定義では「特にソフトウェアによる業務やコンピュータのハードウェアなど、コンピュータをベースとした情報システムの、教育、設計、開発、適用、実装、保守、管理」である[1]。ITは電子的なコンピュータやコンピュータソフトウェアを使用して、情報に対するセキュリティ、変換、保管、処理、転送、入出力、検索などを取り扱うとなります。

【主な分類分野】
<系列分類>
1.メーカー系企業/(製造業から派生した元請け企業)
2.ユーザー系企業/(別業種の親会社が存在する企業)
3.外資系企業/(海外に同業者の親会社が存在する企業)
4.コンサル系企業/(会計等の別業種から派生した元請け企業)
5.独立系企業/(特定の親会社を持たない中小企業)
<業態分類>
1.システム開発全般/(システム開発および運用の一切を請け負う大手企業)
2.上流開発全般/(システム開発において管理業務を請け負う大手企業)
3.運用管理全般/(システムの運用を行うアウトソーシング企業)
4.NWとインフラ/(NWおよびインフラ全般の設計から運用を行う企業)
5.派遣/(様々なIT職種において技術者の派遣を行う企業)
6.パッケージとサービス/(ソフトハウスや様々なITサービスを独自に行う企業)

医薬従事職種の主な求人分野 (Medical)

※医療従事者・・・医療業務に従事する職種となります。医師や歯科医、また医師や歯科医の指示のもとで医療業務を行う医療従事者をコ・メディカルと称すこともあります。、医療従事者の業務は、対象者の生命・身体・精神の根幹に関わるものであるため、他職種より特に高い専門性が要求されます。従って、多くの場合、採用に当たっては免許や資格を所有し高度な専門性を担保していることが求められます。 さらに医療者は、専門的知識を持っていることも大事ですが、それに加えて、患者さんの生活を支援するために患者さんの個性を知り患者さんの生活を知ることも重要で、①人が嫌いでないこと ②人間としての経験を積むこと ③知識を使うことの責任を知っていること ④変化に対応し自分自身を変えてゆく能力(Capability) などが求められます。

【主な職種】
1.医師
2.歯科医
3.コメディカルスタッフ
看護師・薬剤師・臨床検査技師・・診療放射線技師・臨床工学技士・理学療法士・作業療法士・臨床心理士・管理栄養士・言語聴覚士・視能訓練士・義肢装具士・歯科衛生士・保健師・助産師・衛生検査技師・救急救命士・社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・介護福祉士・歯科技工士・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師・診療情報管理士・看護助手・歯科助手・医療事務

化学系職種の主な求人分野 (Chemistry)

※化学分野の求人需要が高い、主な研究対象分野。
1.物理化学(熱力学や量子力学分野)
2.無機化学(錯体化学・生物無機化学・鉱物化学・地球化学・放射化学・有機金属化学)
3.有機化学(有機化合物・薬学関連・生物有機化学・有機構造論・立体化学・有機工業化学)
4.高分子化学(機械特性・熱物性)
5.生化学(酵素研究・代謝機能研究・分子生物学・分子遺伝学・遺伝子工学・組織化学・免疫組織化学・衛生化学)
6.分析化学・合成化学(触媒化学・材料化学・食品農業分野研究)
7.応用化学(工業化学・農芸化学・薬化学)
8.環境化学(研究対象:水・大気・温暖化)

【主な取扱製品】
石油化学/化学繊維/汎用樹脂/化学物質/医薬品/無機薬品/食物添加物/農薬/油脂/塗料/染料/顔料/化粧品/香料/接着剤/中間体/触媒/二次電池

【市場動向】
化学業界では、新興国での化学プラントの建設、次世代エネルギーや新素材の開発など先進国はもとより新興国での旺盛な需要に牽引され開発生産が引き続き盛んに行われています。
また化学製品は環境問題に大きな影響をあたえるため過剰生産や廃棄物においても、主なテーマの一つになっています。 特に産業界では大きな市場である、EV(電気自動車)等に使用する電池の開発にはレアメタル以外の材料確保と新たな技術開発が行われています。化学分野における過剰設備の統廃合、自動車用樹脂や情報電子材料などの高付加価値分野の新製品開発による国際競争力の向上が求められています。企業では、その注力分野に対して協調性が高く、技術的に即戦力となる高い能力を持つ人材に採用需要が集中しています。積極的に設備投資を行い、更なる展開を考えている事業や製品分野を擁する企業では、そういった優秀な人材の確保には依然、積極的です。化学の中でも、高分子化学・無機化学・有機化学が研究開発・分析技術に大きな需要があります。

ページの先頭に戻る

Copyright (C) FUJICO CO., LTD. All Rights Reserved.