一つ一つの面接を大切に

一つ一つの面接を大切に

20代(女性)高知在住 ヘルパー >> 一般事務

転職理由を一言で: 前の仕事が肌に合っていなかった!
転職後の年収変化は?: 上がった

私はヘルパーの仕事が肌に合わないのをひしひしと感じていました。体力もないし、コミュニケーションもうまくいかず仕事で悩んでいたのです。仕事だけじゃなく、人間関係の悩みで特に参っていて、私は転職を考えました。仕事のトラブルから人間関係のトラブルに発展してしまって、どうにもならない状況でした。そんなときに前から興味があった、一般事務のお仕事に転職したのです。
私は本当は最初から一般事務の仕事に就きたいと思っていました。しかし私だけじゃなく同じように事務員として働きたいライバルが多くて、就職戦争に勝てなかったのです。だから仕方なしにヘルパーの仕事に就きました。このように何かを諦めて得た仕事というのは、やる気も出ないし、「何が何でも頑張ろう」という気力も沸きません。だから続かなかったのです。
一般事務の仕事に就くにはたくさんのライバルから採用枠を勝ち取らないといけないので難しいでしょう。でも私のように一つ一つの面接を大切にして、諦めずに転職活動を続ければ、採用枠は勝ち取れると思います。要はやる気の問題。頑張って勝ち取ったお仕事はどんなに辛くても頑張れます。私は一般事務に転職して、本当に幸せです。やっぱりこのような事務作業が私には合っているなと思いました。