仕事を楽しくやるためにも人間関係に問題があれば転職するのも一つの手

仕事を楽しくやるためにも人間関係に問題があれば転職するのも一つの手

30代(男)柏市在住|<<インフラ基盤系システムエンジニア>>

転職をしようと考え始めたのは直属の上司との人間関係がうまくいかなくなったためです。
当時の自分はシステムエンジニアとして働き始めて、2年が経った頃だったのですが、あるプロジェクトに配属される事になりました。
そのプロジェクトは人が辞めていくという事で有名なプロジェクトで、細かい情報を聞かされていなかった自分はそれほどきついデスマーチ状態の職場なのかと思い、おびえながら配属先に向かいました。
実際に配属されてみると思っていた以上のデスマーチで、配属された日から10日間全く帰宅できないという日々が続きました。
全く設計からプロジェクトマネジメントまで全くごちゃごちゃになっていて典型的なデスマーチでした。
仕事がきついのも大変つらかったですが、それ以上につらかったのが先輩や上司との関係です。
自分がチームとして一緒に働く事になった先輩はかなりきつい性格の人で何か質問をするたびに冷たく「こんなことも分からないのか、死ね」というような暴言を吐いて来るという先輩でした。
忙しくてイライラしていたのもあると思うのですが、性格的にもかなり問題がある先輩だったと思います。
日によっても機嫌がかなり変わって機嫌が悪い日は1日中怒鳴られている時もありました。
また、上司も結構人の好き嫌いが表に出るタイプの人で好きな部下には軽口を言ったりもするのですが、嫌いな部下には冷たいという人でした。
自分はこの上司との関係もあまり良くなくいつも出社するのが、苦痛でした。
プロジェクトは1年間との事だったので、何とか頑張ろうと思って出社していました。
しかし、1年が過ぎてさらに1年の延長を言われた時にもう耐えられないと思い、退職を決意しました。
退職後、すぐに転職活動をはじめて独立系のITベンダーに入る事が出来ました。
正直、小さい会社のため、前の企業よりも年収は下がってしまいましたが、社員はみんなアットホームなタイプのメンバーが多く、それまで人間関係に悩まされていたのがウソのように楽しく働けるようになりました。

読者へのアドバイス

職場の人間関係に悩んでいる人にアドバイスしたいのは、逃げになるかもしれませんが、転職するのも選択肢としてはありだという事です。
自分も人間関係に悩んで転職するというのは、根性が無い気がして抵抗がありました。
しかし、実際に転職してみると人間関係のトラブルが無い環境というのはこれほどまでに幸せなものかと感じる事が出来ました。
年収は少し下がりましたが、それを差し引いても仕事の時にかかる精神的な負荷が全く違います。
仕事を楽しくやるためにも人間関係に問題があれば転職するのも一つの手だと思います。